都築電気株式会社

KitFitは、早く・安く・安心してシステム構築を行う為の新しいタイプのソリューションサービスです。 KitFit

ホーム > 導入事例・お客様の声 > KitFit食品製造 導入事例

導入事例・お客様の声

株式会社 第一化成様 KitFit食品製造

「KitFit食品製造」の導入で
品質確保とさらなる業務効率と精度の向上を実現

独自性の高い基幹業務の"土台"となるシステムを整備
株式会社第一化成様は食品添加物などの製造販売を軸に事業展開。従来の生産管理/販売管理システムでは、品質確保のために手作業でのフォローが必要であるなど、非効率な面が見受けられた。そこで、都築電気の「KitFit食品製造」を用いて、生産と販売を統合したシステムにリニューアル。トレーサビリティ管理における履歴照会の所要時間が導入前の約1/10以下になるなど、大幅な効率化や業務精度向上を果たしている。
株式会社第一化成
管理部 総務セクション
マネージャー
小山 勝則氏
株式会社第一化成
生産部 製品受注セクション
マネージャー
高島 善照氏
品質確保への取り組み  コアコンピタンスそのものと言える基幹業務が、自社や業界の独自性が高い場合、いかにその業務に適したシステムを構築できるかが、企業の競争力に直結する。 加工食品の素材や食品添加物などの製造販売を事業展開する株式会社第一化成様のコアコンピタンスの1つが品質管理だ。小山マネージャーは「当社は食品添加物の製造・品質管理に関する基準を定めた『食添GMP』の取得をはじめ、製品の品質と安全性の確保に長年力を注いでいます」と語る。 品質確保の取り組みの柱がトレーサビリティ管理だ。食品添加物を作る際、どのメーカーのどのロット番号の原材料を何kg投入したかということから、出荷ロット番号までの各情報を記録し、後からいつでも履歴を照会できる体制を整備している。しかし、その実施にあたり、もともと導入していたオフコンで構築した従来の生産管理システムでは、力不足が否めなかった。 「原材料のロット番号や計量結果などは、従来のシステムでは管理できなかったので、生産現場の担当者が手書きで記録していました。品質を確保するためには、手作業で補わざるを得ない状況でした」と高島マネージャーは振り返る。 また、従来の生産管理と販売管理、顧客ごとのオーダーメイド製品のレシピを管理する文書管理システムはそれぞれ連携が難しかった。しかも、同じシステムでも拠点間で個別に管理していた。 「製品コードの桁数が異なっていたり、同じお客様の顧客情報を拠点ごとに入力していたり、非効率な面がいくつかありました。その手間が煩雑で入力ミスの危険性がありましたね」と小山マネージャーは打ち明ける。


加工食品の素材や食品添加物などの製造販売を展開する株式会社第一化成様。
食品添加物の製造・品質管理の業界基準である「食添GMP」の認定登録をはじめとする、製品の品質や安全性に関する保証体制を確立している。

品質確保への取り組み
同社は2010年、オフコンの保守切れの関係からオープン化を決定。それを契機に、従来の課題を解決すべく、自社の業務に最適な生産管理システムを探した。
 複数の製品を候補に挙げ、柔軟性やコストをはじめとする検討項目を数値化して比較検討した末、都築電気の「Ki t Fi t 食品製造」を採用した。高島マネージャーはその理由を「トレーサビリティ管理など当社独自の業務に対応するためにパッケージをカスタマイズすると、パッケージの機能がベースとなるので、どうしても当社の業務との親和性が低くなりがちです。KitFitならその点、ベースの部分から当社の業務に合わせることができ、より親和性を高く構築できるのが大きいですね。その上、KitFitの方が低コスト・短期間で対応可能でした」と強調する。
 加えて、都築電気のソリューション力も採用の後押しとなった。「今回初めて提案を受けたのですが、デモの段階から当社の業務を深く理解し、私たちが望むシステムをいち早く具体的な形にして提示してくれました。営業担当者やSEのレスポンスも早く、基幹業務を安心して任せられると確信しましたね」と小山マネージャーは評価する。
 採用決定後、2010年8月から構築を開始。当初は生産管理システムのみをKitFitで構築する予定だったが、販売管理システムのオフコンとの連携が困難なことから、「販売管理システムもKitFitで構築した方がコストや期間、リスクの面で有益でした。その結果、生産と販売の管理を統合したシステムをKitFitで構築することにしました」と小山マネージャーは説明する。

KitFit食品製造テンプレート


履歴照会時間が役1/10以下に 2011年3月から販売管理システムの構築もスタートし、2012年2月に本稼働。業務内の現場の協力によって短期集中テストを実施できたなど、短期間でカットオーバーに至った。
 第一化成様はKitFitの導入によって、生産管理システムでは、原材料の情報をバーコードで読み取ったり、計量器と連携して投入量を自動でシステムに取り込んだり、文書管理システムからレシピ情報を取り込めたなど、いくつもの改善がなされた。
 「手書き入力などの作業が不要になり、業務の大幅な効率化、およびミスのリスクを最小化できました。例えば、トレーサビリティ管理における履歴照会にかかる時間は、従来の約1時間から2~3分と飛躍的に短縮されました。また、計量などの業務の属人性を解消できたのも助かりますね」と高島マネージャーは話す。
 販売管理についても、生産管理との一本化と合わせ、さまざまな効果が得られている。「顧客情報やマスタなどのデータをシステムや拠点ごとに入力する必要がなくなり、なおかつ、生産管理の原材料購入から販売管理の支払いまで一本化できたなど、事務作業も大幅な省力化を達成できました。また、営業担当者が必要な帳票は従来、データを出力して表計算ソフトで加工していましたが、今ではKitFit上で直接得られます」と小山マネージャーは話す。
 今回のKitFitによる基幹システムの再構築を総括し「生産管理と販売管理という、まさに当社の事業を支える"土台"となるシステムを整備できました」と語る高島マネージャー。今後は文書管理システムの更改やグループウェアの統合などを視野に入れており、システム全体の最適化をより一層推し進めていく。

導入事例のチラシはこちらから
(都築グループダウンロードサイトへリンクします)

User Profile
株式会社 第一化成
「おいしさと安心をDesignします!」を掲げて、食品素材、食品、食品添加物、応用製剤の製造や販売事 業を展開する株式会社第一化成様。お客様の「食品づくり」をサポートするオーダーメイドサービス「プレ ミックスオーダーシステム」も提供している。また、山科北プラント・山科南プラントと亀岡FI プラントは 「食添GMP」の登録工場で、山科DFプラントでは「京(みやこ)・食の安全衛生管理認証制度」に基づいた 安全性を確保している。さらに食品素材などの基礎研究をはじめとした研究開発にも力を入れている。
株式会社 第一化成
■所在地
京都市山科区川田岡ノ西町7番地ノ1
■代表者
代表取締役 杵川 洋一
■URL
http://www.daiichi-kasei.co.jp/ 株式会社 第一化成

導入事例のチラシはこちらから
(都築グループダウンロードサイト)

導入のポイント

稼働予定まで限られた時間の中、第一化成様が 本当に望まれる生産・販売システムを形にするた め、ご要望をより理解できるようなコミュニケー ションを心がけました。構築が佳境を迎えた頃 は、第一化成様の食堂の一画に常駐スペースを 設けていただき、何か疑問や問題があればすぐ にお応えできる体制としました。そのかいあって、 ご要望通りのシステムを予定通りリリースでき、 私たちも嬉しく思います。


都築電気株式会社
京都支店 支店長
岩田 圭二氏

都築電気株式会社
京都支店 営業課
大東 憲明氏

導入のポイント

  •  顧社や業界の独自性の高い業務に適した基幹システムを使いたい
  • → KitFit食品製造で、基幹業務の"土台"となるシステムを構築
  •  品質確保に必要な業務の効率や精度をより高めたい
  • → 計量器との連携による手入力の解消などで大幅な効率化と精度の向上
  •  同じデータを複数拠点で入力するなどの無駄を省きたい
  • → 生産と販売、各拠点を統合したシステムの構築でデータ入力・管理を最適化

KitFit食品製造とは

 食品製造業向けに、販売管理や生産計画、トレーサビリティ管理をはじめとする必要な機能をトータルで提供するソリューション。原材料から製品まで、一貫してロット管理が行える。原料在庫管理は、正袋から端数まで同一のロット番号で管理が可能。ロットトレース照会画面にて容易に追跡調査できる。また、配合計量システムとの連携も可能となるなど、計量実績データの取り込みなども行える。

お問い合わせフォーム