不動産管理の全事業に対応したシステムは都築電気のKitFit不動産

KitFit不動産は不動産業務ソリューションを中核とした
不動産業様のための専用システムです。

KitFit TOP >KitFit不動産TOP

2016年 不動産管理システム利用動向調査

賃貸管理システム、仲介管理システム、分譲管理システム利用者様必見!

~不動産管理システム選定のポイントがここに!

都築電気では、不動産管理システムの利用状況や選定のポイントを把握するため、現在不動産管理システムを利用している会社員に対し、「不動産管理システムの利用状況に関するアンケート調査」を実施しました。

調査結果サマリー

不動産管理システムを使用する際に重視する点とは

不動産管理システムを使用する際に重視する点として、約70%の方が「システムの使いやすさ・操作性」を
そして約50%の方が「自社に必要な機能があること」を求めています。

不動産管理システムの使用で重視すること

現在利用している各不動産管理システム別の不満点

「要望に合わせたカスタマイズができない」「操作性が良くない」「他システムとの連携がうまくできていない」
などが上位に来ており、現在の業務を効率的に進するにあたりシステムの最適化および活用ができていない
背景がうかがえます。

 
賃貸管理システム
仲介管理システム
分譲管理システム
1位 要望に合わせたカスタマイズができない 要望に合わせたカスタマイズができない システムで持っている情報を有効活用できていない
2位 システムで持っている情報を有効活用できていない システムで持っている情報を有効活用できていない 他システムとの連携がうまくできていない
3位 操作性が良くない 他システムとの連携がうまくできていない 機能を全て使いこなせていない

その他にも、今後利用したいサービス形態や業務でシステム化が必要と思う業務などを調査。
実際に不動産システム管理を業務として利用する立場の方々の本音がつまった資料となっております。

調査レポート詳細ダウンロード

主な調査項目

  • 使用している不動産管理システム
  • 不動産管理システムの重視点
  • 使用している不動産管理システムのサービス形態
  • 業務でシステム化が必要と思うモノ
  • 使用している不動産管理システムの導入時期
  • 今後利用したいサービス形態
  • 使用している不動産管理システムの費用
  • 自動化したい業務とその理由
  • 使用している不動産管理システムの不満点

調査対象

不動産業にお勤めの方かつ勤務先の会社の売上金額が5億円以上かつ仕事が分譲業務、売買仲介、賃貸仲介、賃貸分野の住居関係、賃貸分野のオフィス・商業ビル、管理分野のビルメンテナンス、管理分野の分譲マンションのいずれかの業務であるかつ何らかの不動産管理システムを利用している (レインズシステムは含まない)

会社の年間売上額・会社の従業員規模

調査概要

目的
業務における不動産管理システムの利用状況を把握する
実査方法
インターネット調査(クローズド)
実査期間
2016年6月15日(水)~2016年6月17日(金)3日間
実査方法
124人
実査方法
9問
調査レポート詳細ダウンロード